あなたの思考は妄想する ー考察癖のある方へー

こころの癖

相手の言動に対して、とんでもない方向の考察をしてることありませんか?

私はこれ、よくありました。

最悪の結末を何通りも思い浮かべたり、あげく全部杞憂に終わったりして。

しかもそういう時、「最悪の結果にならなくて、よかった」という安堵感より、「要らない心配し過ぎてめっちゃ疲れた」という徒労感のがひどかったのです。

たとえばこんな風です。

パートナーにいつもの調子で「おはよう」と挨拶したら、「おはよう」が返ってこないどころか、いつもと様子も違う。相手は憮然としていて不快そう。

些細なことのはずなのに…延々と考察スタート

この時点でこちらは長い思考の旅に出発です。

  • 「やばい、私は何をしたんだろう(何かしたに違いない、私が悪いに違いない)」
  • 「この態度の意味は?距離を取りたいってことか?こちらが気づくのを待ってるのか?それとも謝ってほしいってこと?」
  • 「とりあえず謝っておくか?必要あるか?」
  • 「そもそも言ってくれたらいいのに、察してほしいとか何?大人なら口で言えよ!赤ちゃんか!」

ご覧くださいませ。相手の意図を推し量ろうといろいろと考察したあげく、自分が責められたくなくて、最終的に相手にキレ始めています。

しかも相手への怒りが十分高まったこの時点で、恐ろしいことに、まだ現実では「何も確認していません」!

本怖:現実では「何も確認していない」

相手が「本当に」こちらへの不満を示していたのか?
「本当に」察してほしいと思っていたのか?

いずれも相手に確認しないことには全く知り得ないことです。
その意味では、上記の思考はほとんど妄想といえます。

これでいざ、勇気を振り絞り、しかし怒りも芽生えてしまってるので、いざ尋常にという面持ちで「今朝なんか怒ってた?なんか文句あるわけ?」などと聞いてみても、
相手からしたら「心配なことが仕事であって気が急いてただけだけど?そっちこそ何急にキレてんの?」

などと、こちらとは全く関係ない理由が分かったり、「それならその場で言ってよ」などと、さらに言い募って新たに揉めたりするわけです。

…ね、これ、ほんとは、くたびれますよね。
お気持ちよく分かります。
でも、思い出してほしいことがあるんです。

上記一連の中で

ポイントは、あなたの中で「何が」起こってたか。

「様子の違うパートナー」を見たとき、ほんとは、どう感じてましたか?

「思考」はあなたを守ろうと必死なので、嘘をつきます。
多少強引でも合理化してくれるし、正当化してくれます。
その妄想に際限はなく、あなたは容易に「被害者」で居られます。
相手を「加害者」に仕立て上げ、なじったり責めたり批判したりできるのです。

でもね、ほんとは、様子が違う時点で「元気ないね、何かあった?」と確認できず、後から自衛のため、いろいろな妄想を巡らすことにしてるのはあなた自身です。

自分を守ること自体は、至って必要です。そこに良いも悪いもありません。
「思考」も「合理化」も「正当化」も、等しく素晴らしいちからです。

でもとべつまくなし、何でもかんでも「責められてる」と感じることにしてる、バランスを失った、その理由が必ずあります。

考察&妄想セットにくたびれてる貴方には、ぜひ、「この理由」をご自身の身の内に探してほしいと思います。

次回はつぶやきから始める◎

「おお、今日も私の妄想は、元気にはかどってるな!」と思ったらぜひ、

「今、何を感じたのかな?」
「何から守るためにやってるのかな?」

と呟いてみてくださいね◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました